森林圏ステーション独自のプロジェクト


森林圏ステーションでは、組織的にプロジェクト研究を実施しています。各プロジェクトは3つのカテゴリに分けられます。


  1. 基盤調査課題
    毎木調査データ、哺乳類の個体数動態データ、気象データ、動植物インベントリー、森林施業モニタリングデータなど、世界中の研究者が利用できるようなデータを蓄積・公開することを目的とした課題。

  2. 研究課題
    学術的な成果を出版することを重視した課題。長期的な継続調査を基本とする課題や、独自の研究テーマでの3年程度の短期的な課題。

  3. 技術開発課題
    森林施業、フィールド管理、調査観測方法など、技術開発を目的とする課題。

基盤調査課題


課題名 実施している研究林 研究責任者

長期観察林

天塩
中川
雨龍
苫小牧
檜山
和歌山
日浦 勉 
気象観測 天塩
雨龍
苫小牧
高木 健太郎
森林域における環境変動下での大気沈着および河川水質・水文プロセスの長期的変動の解明
雨龍
福澤 加里部
ニホンジカ個体群モニタリング 天塩
中川
雨龍
苫小牧
檜山
和歌山
揚妻 直樹
野ネズミ個体群モニタリング
天塩
中川
雨龍
苫小牧
和歌山
齊藤 隆
地表徘徊性甲虫調査
雨龍
苫小牧
中村 誠宏

 

研究課題


課題名 実施している研究林 研究責任者
冬の気候変動が針広混交林へ及ぼす影響の解明 
中川
小林 真 
温暖化がダケカンバ生態系に与える影響の解明
中川 中村 誠宏
野外操作実験による樹木の温暖化応答の解明
苫小牧
中路 達郎
長期(>10年)温暖化操作が森林土壌の呼吸量に及ぼす影響
天塩 高木 健太郎
冷温帯落葉広葉樹林におけるガスフラックスとフェノロジーの長期観測
苫小牧 中路 達郎
森林の物質循環機能に関する長期モニタリング研究
天塩 高木 健太郎
落葉広葉樹林の生態系機能に対する窒素散布影響の解明
苫小牧 中路 達郎
土壌が植生遷移に与える影響
苫小牧 日浦 勉
窒素施肥流域における物質循環および水文プロセスの長期的変化
中川 福澤 加里部
積雪寒冷地域の森林における森林施業が渓流水のイオン動態に与える影響
雨龍 佐藤 冬樹
照査法試験林の保全、管理に関する研究
中川 吉田 俊也
病虫害防衛と遺伝的多様性を応用したミズナラの育林
雨龍 内海 俊介
ダケカンバの遺伝的多様性が森林の生態プロセスに与える影響の解明
中川 中村 誠宏
森林におけるシカの生態系機能
苫小牧 日浦 勉
種内のサイズ変異の生成機構とその生態学的帰結:池の食物連鎖に注目して
天塩 岸田 治
昆虫群集の生態と進化のフィードバックループ
雨龍 内海 俊介
大規模検証サイトによる人工衛星データの検証とアルゴリズム開発
苫小牧 中路 達郎


技術開発課題