温暖化がダケカンバ生態系に与える影響の解明


責任者  中村誠宏・中川研究林・准教授


概要

温暖化操作実験が可能な野外実験施設(ジャングルジム)を整備し、地球温暖化がダケカンバ成木(高さ:20m程度)を中心とする生態現象に与える影響を解明する。世界中で温暖化実験が行われているが、草本や木本でも実生など小さなサイズの植物を暖めたものが多い。しかし、森林のバイオマスの大部分を占める成木が温暖化に対してどのように応答するのかを解明することは重要である。本研究では、ダケカンバ成木の地上部と地下部を林冠OTCと電熱ケーブルを使って、それぞれ人工的に温暖化を施し、その成木の生長、繁殖、フェノロジー、生理機能、植物形質、食害、土壌分解などを測定する。また、学生実習でもこの施設は活用する。

          

期間 2015年4月1日~2018年3月31日


実施研究林(担当者)

中川研究林 (中村誠宏・准教授)


共同研究者

日浦勉, 小林真(北海道大学), Onno Muller (Bio-and Geosciences研究所,ドイツ)


成果出版の目標

2019年度までに1本の論文を国際誌に投稿する。