種内のサイズ変異の生成機構とその生態学的帰結:池の食物連鎖に注目して


責任者  岸田治・天塩研究林・准教授


概要

同じ年(季節)に生まれた同種個体でもサイズが大きく異なることがある。集団内部のサイズ変異はどのように生まれどのような意味を持つのか? 本課題では、エゾアカガエルとエゾサンショウウオをモデルとし、サイズ変異の創出機構とその帰結を研究する。特に両者のサイズ変異が食う‐食われる関係に作用する条件とメカニズムを明らかにしつつ、その結果として2種および他種のデモグラフィや系内外の栄養移動にどんなインパクトがあるのかを探索する


期間 2015年4月1日~2018年3月31日


実施研究林(担当者)

天塩研究林 (高橋廣行・技術専門職員)


共同研究者

片山昇、高津邦夫、山口彩(北海道大学)、Volker Rudolf (Rice University, USA)、Geoff Trussell (Northeastern University, USA))

 

成果出版の目標

2018年までに3報以上の原著論文を動物生態学の主要誌に出版する