利用計画書(様式森1)
利用計画書.xls
Microsoft Excel 37.0 KB

通常使用するファイルはExcelファイルをご利用ください。
Excelファイルが利用できない場合に限り

WordファイルまたはPDFファイルをご利用ください。

usePlan.doc
Microsoft Word 43.0 KB
usePlan.pdf
PDFファイル 150.8 KB

利用計画書の記入例および記入方法について

様式森1

Page1of2


調査・研究のみ添付

北海道大学北方生物圏フィールド科学センター

森林圏ステーションフィールド施設
利 用 計 画 書

ふりがな  さとう はなこ
利用責任者氏名   佐藤 花子 h-sato@****.hokudai.**.jp

利用責任者欄

  1. 個人の場合は実際に利用する個人を記入してください。
  2. 団体の場合は実際に利用する団体の代表者を記入してください。
  3. E-mailは利用者に直接連絡が取れるように記入をお願いします。

 

 指導教員について記入してください(学生の場合は必ず記入してください。)

     山田 森太朗             

     北海道大学大学院農学研究院    職名  教授   

     011-706-9998  FAX  011-706-9999  

 E-mail  mori-yamada@***.hokudai.**.jp

指導教員欄

  1. 指導教員について出来る限りすべて記入してください。学生以外の方は記入の必要はありません。

 

 研究区分    1卒論・修論・博論研究   2.センター教員との共同研究   3.その他の研究

研究区分欄

  1. 区分の番号を記入してください。

 


共同研究者(所属,氏名)

  フィールド科学センター森林圏ステーション南管理部・佐藤冬樹、笹 賀一郎___

 _______________________________________

共同研究者欄

  1. 当センター所属の教員との共同研究である場合に記入してください。

 

調査研究課題名
 _FACE による森林土壌動物の季節変化に関する研究(仮称)_______
 ___________________________________

調査研究課題名を記入してください。調査研究課題名欄

  1. 課題名がない場合は調査研究の特徴を示す内容を簡潔に記入してください。

 

研究の目的と内容を記入してください。

主にアカエゾマツ人工林の枝打ちに伴う土壌動物相の研究とFACEの落葉分解に係わ

る研究を行う。

1)札幌研究林・札幌試験地(苗畑)実験室の温室を使用。

1x1.5m 程度の平面(10cm角程度の土壌培養をおこなう場所)

2)利用希望林

FACE 内部の土壌

・カラマツ林、アカエゾマツ林(枝打ちした場所)、ブナ・ミズナラ林

 

研究の目的と内容欄

  1. 研究の目的と内容を具体的に記入してください。

 

森林圏ステーションで観測・測定されたデータの利用を希望する場合は,以下の各項目に記入してください。

1.データの種類,観測期間,媒体(フロッピー,台帳など)
   
FACEの気象データ(フロッピーなど)


2.利用目的および解析方法
    試験地の概況解析

データ利用の希望欄

  1. 各種観測データがありますので利用の希望がある場合にはその内容についてお書きください。

 

施設,設備の利用ならびに調査協力について,以下の各項目ごとに番号を付して記入してください。

1.利用する林班(エリア),施設,備品
2.フィールド内において標本を採取する場合はその種類と量
3.フィールド内に機器,構造物等を設置する場合はその概要
4.薬品または危険物を使用する場合はその種類と管理責任者
5.センター職員による作業補助を希望する場合はその時期と内容
6.特に長期間に及ぶ調査プロットを設置する場合は将来の管理観測体制
7.その他

なお、必要に応じて地図あるいは説明資料等を添付してください。


1.札幌研究林・札幌試験地(実験苗畑)のFACE 内部の樹木、カラマツ林、アカエゾマツ林(枝打ちした場所)、ブナ・ミズナラ林の利用

3.気象装置の設置(気温センサー・日照計・雨量計・積雪計・データロガー)

6.気象装置は、研究終了後に撤去する。

施設、設備の利用ならびに調査協力欄

  1. 項目番号のあとに内容を記入してください。

 

研究林利用概要を一般の方に紹介するために,森林圏ステーションのホームページにおいて,利用申請情報の一部公開を行っております(http://forest.fsc.hokudai.ac.jp/fred/)。 公開情報は,利用者の所属機関,課題名,利用場所,利用期間のみであり,申請者の氏名や連絡先等の個人情報は一切公開いたしません。本利用申請の公開の可否を以下の欄にてお知らせ願います。研究情報の共有化・研究林利用促進のため,ぜひともご協力をお願いいたします。

※必ず記入してください。 
公開してもよい 公開しないでほしい(できればその理由:            )

情報公開諾否欄
利用者の所属機関,課題名,利用場所,利用期間についての情報を
公開することを承諾いただける場合は公開してもよいのボタンをオンにしてください。
承諾いただけない場合は公開しないでほしいのボタンをオンにして、
できればその理由を記入してください。



 「施設利用申請書」および「利用計画書」は、原則として利用希望日の3週間以上前に提出してください。
 センター職員のサポートを希望する場合は、必ず利用したい研究林の担当技術班に事前に問い合わせてください。