名寄庁舎の実験室

注意事項

名寄実験室の利用時間は、原則として平日の日中のみです。

深夜は、集中力や注意力が低下し、

思わぬ事故を併発する可能性があります。

実験室は、みんなで使う空間です。整理整頓をこころがけ、譲り合ってご利用ください。

実験室の安全な利用にご協力ください。

何か不明な点がありましたら、名寄の教員・スタッフにお尋ねください。

名寄庁舎の実験室_機器一覧」のページを見る

実験室

名寄実験室を使用する際には、

まず、

事前に指導教員、名寄の事務所スタッフと

ご相談して下さい。

 

 

 

利用申請書類等はダウンロードできます。

名寄スタッフと相談後、

施設利用申請書、利用計画書を提出して下さい。

書類には使用期間、使用終了時期を明記して下さい。

 

書類は、森林圏ステーションホームページからダウンロードできます。

「研究林を利用する」->「利用するには?

 

 

名寄実験室ガイダンス2018

年度初めに、「名寄実験室ガイダンス」を実施しています。

実験室、分析機器等をご利用予定の人は、ぜひ参加してください。

 

名寄庁舎

名寄実験室の利用時間は、原則として

平日の日中のみです。

深夜は、集中力や注意力が低下し、

思わぬ事故を併発する可能性があります。

 

やむえず夜間・休日の利用が必要な場合は、

名寄実験室担当教員(福澤加里部 [中川林]吉田俊也 [北管理部] )の承諾を必ずとって下さい。

 

ICP

分析機器のご利用は、予約が必要です。

予約窓口メールアドレスからの申込みが可能です。

詳しくは、名寄スタッフにお尋ねください。

 

 

名寄の短期宿泊施設(自炊)

実習・研究目的で当施設を利用するために

遠方から名寄にお越しの人は、

必要に応じて「宿泊施設利用申請書」を

提出して下さい。

 

化学分析は、「分析 -> 洗い物 -> 乾燥 ->片付け」まで含んでいます。遠方から名寄に起こしの人は、「分析日程+1日程度」の余裕を持ってください。

 

長期滞在者用宿泊施設

時期によっては

実験室、実験機器、宿泊施設などの使用が

混みあうことがあります。

 

お互いに譲り合い、整理整頓に努め、

気持よく過ごせるよう、心がけましょう。

 

実験室の冷房、暖房

エアコン

実験室のエアコンは、実験環境の安定のため、適切な温度で使用して下さい。

使用中は、「エアコン使用中」の札を実験室入口のドアにぶら下げて下さい。

実験終了後は、エアコンを消して下さい。

 

ヒートパネルのバルブ

冬期(ボイラー作動期間中)の暖房は、ヒートパネルのバルブ(通常は3ぐらい)を調整することにより、室内温度を調整できます。

 

不明な点がありましたら、名寄のスタッフにお知らせ下さい。

疑問

 

不明な点がありましたら、名寄の教員・スタッフにお尋ねください。

宿泊施設(研究、実習用)

北管理部(名寄)宿泊施設」のページを見る

名寄庁舎の実験室_機器一覧」のページを見る